これからFF14を始めようと思ったとき、一番始めに悩むのがクラス/ジョブの選択ではないでしょうか。
 今日はクラス/ジョブについてざっくりと解説してみたいと思います。
まあだいたい公式動画を見ればわかりますがね!



 
まずFF14では大きく「Tank(タンク)」「DPS(ディーピーエス)」「Healer(ヒーラー)」に分かれています。
わかりやすく日本語的に表すなら「Tankが盾役」「DPS(攻撃役)」「Healer(回復役)」ですね。
なんでDPSだけ略語的やねんって感じですが、MMOの世界では一般的な用語らしいです。
CF(コンテンツファインダー)の検索なんかもこの略称で表示されますので覚えておくとよろしいでしょう。 

■Tank 
[剣術士/斧術士]

ss_001

 パーティープレイの守りの要になります。
防御力の高い装備を付けられるので、的の攻撃を集める役目をすることになります。
なのでダンジョンでは必然的に先頭を歩くことになり、結果、事前に調べなくてはいけないので一番大変なクラスですね。

■Healer
[幻術士]

ss_003

基本PTパーティーメンバーが死なないように、常にHPを気にして回復魔法や状態異常に気をつけなくてはいけません。
これまた大変なクラスです。

■DPS
[格闘士/槍術士/弓術士/呪術士/巴術士]

ss_002

ぶっちゃけ一番楽なのがDPSです。
DPSの中でも近距離と遠距離に分かれますが、遠距離だと敵の範囲も避ける必要があまりないです!
とにかくダメージ出すことを考えるクラスです。
一応スキルのローテとか立ち位置などでダメージが変わりますので、ただクリック連打ということはないですが。

最初に選択できるのが上記のクラスと呼ばれる職業になります、馴染みのある「モンク」とか「白魔導士」はジョブという専門職になります。

FF14にはアディショナルスキルという他のクラスで覚えたスキルが一部使用できるシステムがありますので、一つのクラスだけ育てればいいというのではなく、他のクラスもある程度は使用することにはなります。

高レベルになったらずっとジョブということではなくて、4人PTではクラス、8人PTではジョブといった使い分けになるらしいです。
ジョブになるの専用のスキルが使用できるようになりますが、使用できるアディショナルスキルは減りますので悩みどころではありますね。